生涯スポーツ学研究(Vol.13 No.2 2016)発行(2017/3/31)

生涯スポーツ学研究 – J-Stage【→リンク先へ移動

【原著論文】
市民マラソンランナーが都市型市民マラソン大会への参加を検討するにあたり生じる構造的制約
-備前嘉文,二宮浩彰,庄子博人
成人の運動・スポーツの実施意図と行動の予測性に関する縦断研究
-谷めぐみ,長ヶ原誠,彦次 佳,薗田大地,松村雄樹
高齢者における体力と就労の中止との関連性:シルバー人材センター会員を対象とした横断研究
-山本直史,浅井英典,萩 裕美子
日本人成人における仕事・移動・余暇の身体活動と抑うつの関連横断研究:横断研究
-松下宗洋,高橋将記,荒尾 孝

【研究資料】
成人期以降の集団球技系種目実施者における過去の同一種目経験の影響-笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査20l2」データの二次分析を中心に-
-大勝志津穂,來田享子
北海道におけるトップスポーツチームの合宿地選定要因
-石津伸弘,横山茜理,関 朋昭
オランダにおけるスポーツ政策と子どものスポーツ振興プログラムに関する事例研究
-山口志郎,山口泰雄,青山将己

【実践報告】
GISを活用した自宅近隣環境の再認知による身体活動量を増やす試み
-岡本尚己,久保田晃生,孫 非,野中佑紀
【日本生涯スポーツ学会第18回大会】
基調講演,シンポジウム,一般発表抄録