第 3 回:2018 年度

○ 若手研究発表賞

山口志郎(流通科学大学)
「市民マラソンにおける消費経験クオリティとファンエンゲージメントの関連性ーソーシャルネ ットワーク・クオリティを加えた新たな概念モデルの検証」

○ ポスター発表賞(大学院生部門)

【最優秀賞】

宇野真理子(東海大学大学院) 位髙俊夫(株式会社ハイクラス) 野坂俊弥(東海大学体育学部)
「講義主体のインセンティブ付き健康運動教室でも体力や睡眠は改善する」

【優秀賞】

中村祐太郎(仙台大学大学院) 仲野隆士(仙台大学)
「ソフトバレーボールチームの類型化とプレイヤーの満足度の関係性-宮城県内のチームに着目して-」

○ ポスター発表賞(学部生部門)

【最優秀賞】

永野杏奈(和歌山大学観光学部) 伊藤央二(和歌山大学)
「弓道選手の心理的スキルに関する研究」

【優秀賞】

  森 亮貴、森脇瑠香、原田一平、宮下 凌、涌井拓磨(和歌山大学観光学部) 伊藤央二(和歌山 大学)
  「ヨガ実施者の健康感に関する研究」

  片岡立樹(流通科学大学人間社会学部) 山口志郎(流通科学大学)
  「アスレジャー市場におけるライフスタイルに関する研究-10,20 代の大学生に着目して-」

  坂本直斗(和歌山大学観光学部) 伊藤央二(和歌山大学)
  「大学生の運動部活動の異競技選択要因と非継続要因に関する研究」

 

第 2 回:2017 年度

○ 若手研究発表賞

伊藤央二(和歌山大学)
「レジャー活動中の感情における即時報告と回顧報告の比較」

 

第 1 回:2016 年度

○ 若手研究発表賞

山田亜沙妃(国立スポーツ科学センター)
「一流競技者にみるキャリア形成過程の特徴-社会化理論を援用して-」

*所属等は受賞時のものです。